衛生管理者試験合格、資格取得を独学でなんとかやり切ろうとするカッコイイ人を応援します。
トップページ マイアカウント お問い合わせ プライバシーポリシー お支払い方法について 配達方法・送料について 特定商取引法に基づく表記(返品など) カートを見る
ホーム ボイラー技士
2014年★二級ボイラー技士★最短合格テキスト(参考書)+過去問集★CDR版★
2014年3月、教材を最新版に更新しました!

出品者は購入者様に以下の5つのことを約束します。

一.ボイラー技士の参考書・テキストの中で日本一の満足を目指します。

二.市販の参考書の「4分の1」の勉強量、勉強時間で合格できる教材であることを約束します。

三.ボイラー技士の講習・講座の「10分の1」のコストで、参考書・テキストの質を維持向上し、

四.最新で良質な教材をお客様に届けます。

五.購入から発送まで、迅速に素早くスムーズに対応し、イライラさせません。

本教材は独学で資格取得をやり切ろうとする「カッコイイ人」を応援します。

商品説明
53.7%
これは、二級ボイラー技士試験の昨年度公表合格率です。
実はここに落とし穴があります。他の国家資格と比較しても相当に高い合格率です。
ですが、この合格率ですが、当然、一発合格の合格率ではありません。
何度も受験して合格した方も含んでいます。一発合格は3人に1人、4人に1人とも言われています。
受験前に縁起でもない話ですみません。

ですが、私が受験した際にとても遠回りしてしまいました。
色々なところで過去問の重要性が説かれていますが、それは間違いありません。
しかしながら、市販のテキスト、問題集には大きな落とし穴がありました。
まず問題集ですが、過去の試験のただ単なる焼直しで、体系的に勉強できない。

次にテキストです。
各分野ごとにたしかに正しい知識が記載されているようでした。
でもどこが試験に出るのか、出ないのか。分野ごとの出題傾向もない。
合格後のボイラー技士が実務で解らないときに調べる法令集としてはこれでいいかもしれません。
でも、とにかく試験に受からなければならない私達に本一冊丸々覚えろとでも言っているのでしょうか?
この状況がとても厳しいのです。

結局、他の資格と比べ、受験資格も必要で受験者数が限られているため、他の資格のようなちゃんとした「試験対策」ができる教材がみつからない。
つまり、参考になる参考書がない!?状態です。
最後の手段として、自分の合格のために自分で作ったレジュメが本品の元となった原稿です。

その後、現在に至るまでボイラー技士管理士の教材を取扱っていますが、内容更新をハイペースで行っています。
市販書では、例えば2013年に出題された問題の内容を組み込み2014年度版として発行しています。本書では2014年に出題された問題の内容を2014年版としていますので、市販の参考書表現では2015年版をお渡ししていることになります。これも他の参考書との大きな違いの一つになっています。

推奨する勉強法は以下の手順です。
(1)この『最短合格テキスト』ノートを一通り眺めてください。
この段階では意味不明で聞いたことのない語句だらけで、理解できなくてもとにかく一通り眺めてください。

(2)いきなりですが、過去問を解いてみます。

(3)過去問を説くときは、「最短合格テキスト」と照らし合わせるようにしてください。(特に1回目)
「最短合格テキスト」は、教科書であり、解説集でもあります。
テキストは最重要部、重要部が分かるようにマークがついています。

(4)二回、三回繰り返し過去問を問いてください。だんだんとペースが上がっていき、解ける問題も増えてきます。
誤まった肢を選ぶ問題では、答え以外の正しい肢の内容を理解するようにします。

(5)三回目終了時に不得意分野を除いて、大体解けるレベルに達してきます。
この不得意分野がどうしても覚えにくい場合は、試験前日、当日に一夜漬けにしても構いません。

(6)テキストを見ずに全問解答ができるようになれば過去問は頭に入ったということです。
過去問が頭に入ったということ=合格レベルに達しているということです。

本試験ですが、このテキストを使えば、10時間程度の集中勉強で合格できると思います。
記憶力に自信のない方でも15時間程度でしょうか。
高い講座なども開かれていますが、教材さえ間違わなければ、独学で十分、楽に、合格できます!これだけは断言します。
講座に支払うお金があれば、合格した後のご自身のご褒美に取っておくのがいいと思います。

学生時代に試験前に「ノート写させて〜」と頼んで、それだけで授業を受けていなくても、単位をとれることがあったと思います。構成はしっかりと作成しておりますが、そういう使い方ができる教材をイメージして作成しています。

お送りするもの
1. 『最短合格テキスト』
第一章 ボイラーの構造に関する知識
第二章 ボイラーの取扱いに関する知識
第三章 燃料及び燃焼に関する知識
第四章 関係法令
学習方法、編集後記、付録

最短合格テキストは、参考書であり、過去問解説集を兼ねています。

2. 過去問+解答(10回分、2009年4月〜2013年10月公表分)

以上をCD-Rに収録しています。(CD-Rの色は、写真と異なる場合があります。)

パソコン画面での学習もできますし、印刷することで小冊子として使用することもできます。(カラー印刷推奨)

また、PDFファイルを開くためにはAcrobat Readerが必要になりますので、お持ちでない方はAdobe社のホームページ等でダウンロード(無料)できます。

只今、ご購入いただいた方全員により勉強がやり易くなる無料のおまけも付けています!

ご注意いただきたいこと
当テキストは本試験に短期間で合格することを目的として作成したものです。
100点を目指すものではなく、合格点を目指しており、実務上もボイラー技士にとって必要な知識の全てを網羅するものでもありません。
他業者にはないスピードと柔軟性がありますが、記載内容について、十分に確認はしておりますが、誤植、乱丁、間違いがあるかもしれません。
完全に正しい知識の習得でなく、ただ、ただ、合格するための教材であること、ご理解の上、ご購入願います。


衛生管理者道。は全商品送料0円です。上記価格以外かかりません。
(振込/決済手数料を除く)

2014年★二級ボイラー技士★最短合格テキスト(参考書)+過去問集★CDR版★
販売価格

2,980円(税込)

購入数
クイック購入

ゆうちょ銀行振替
ジャパンネット銀行
楽天銀行
代金引換(日本郵便、送料無料サービス対象外)

多数の依頼がございましたクレジットカード決済に対応しました

衛生管理者道。は定形外郵便便全国送料無料!